戦略学と平和学2010/12/19 16:14

3ヶ月以上もこのページをほったらかしにして、申し訳ありませんでした。「平和学」が本業ではない、とはいえ、別段War Studiesの勉強がはかどっていたわけでもなく、学問的にはカラッポの生活を送っていたということです。

そこでまたしてもお茶を濁すブログエントリーで申し訳ないが、文献目録を再提示したいと思う。今度の種本は『戦略原論』(日本経済新聞出版社)IIIー第13章「平和思想――平和への戦略アプローチ」である。この章の執筆を担当したのは、『はじめて出会う平和学』(有斐閣)の執筆者代表の一人である中西久枝である。よく平和学をメシの種にしている先生が「戦略」などという硝煙臭い本に寄稿したものだという感想は置いておいて、章末に挙げられた「読書ガイド」を紹介したいと思う。

■アマルティア・セン著、東郷えりか訳『人間の安全保障』集英社新書、2006年
■石津朋之編著『戦争の本質と軍事力の諸相』彩流社、2004年
■稲田十一『紛争と復興支援』有斐閣、2004年
■C・G・ウィーラマントリー著、浦田賢治編訳『国際法から見たイラク戦争――ウィーラマントリー元判事の提言』勁草書房、2005年
■大芝亮、藤原帰一、山田哲也編著『平和政策』有斐閣ブックス、2006年
■大坪滋編著『グローバリゼーションと開発』勁草書房、2009年
■加藤朗『入門・リアリズム平和学』勁草書房、2009年
■メアリー・カルドー著、山本武彦、宮脇昇、木村真紀、大西崇介共訳『グローバル市民社会論――戦争への一つの回答』法政大学出版局、2007年
■Johan Galtung. "Violence, Peace, and Peace Research," Journal of Peace Research, Vol. 6, No.3(1969)
■吉川元『国際安全保障論』有斐閣、2007年
■吉川元『民族自決の果てに――マイノリティをめぐる国際安全保障』有信堂高文社、2009年
■Webel Charles and Johan Galtung, eds., Handbook of Peace and Conflict Studies (Abingdon: Routledge, 2007)

本当に平和学の研究に身をささげたいならば、ここまでの3回の記事に掲載された平和学の文献は読み流すだけでも構わないから、目を通して欲しい。わがままを承知で言えば、英語文献を優先して読んでいただき、可能ならば私訳でもいいから和訳して、同志の間で読み比べをしてみるという手もある。日本の平和学は自国を防衛する必要が薄く(本当はそうでもなかったのだが)、自らが銃を取って外国を侵略することを防ぐという問題に全力を注いでいた感は否めない。これからの平和学は地球の裏側における戦争と平和の問題をも自らの問題として考えられる頭脳に期待している。

実は正直言って、平和学を専門にしていない私の望みは、権力の側に立って軍師として国家戦略の采配をふるう、昔ながらの臣の姿であった。そこにはほかの臣や臣民の姿は存在しなかった。いや、今でもそんな白昼夢を見ることがある。

平和学を専門とする者はそんな近視眼的な見方をしてはならない。でき得れば、自ら論文を書く傍ら、平和活動を実践する人たちをある程度現場に近いところで(かえって現場に行ってしまうと活動の邪魔になることがあるので)観察して欲しいものである。その時得た感情をも含めて論文執筆のエネルギーにして欲しい。